ショップ海幸仙崎オープンまで3日


12月になって時化が多くて1番セリに行く機会が減ってましたけど、とても久しぶりの市場フォトです。

旋網漁が禁漁期間に入りました。来年の3月15日までお休み。今朝も波風が強く建網は全休。一本釣り漁師はほぼ湾内にとどまったため、ケンサキイカがごくごく僅かで、サゴシ、サワラ中心でした。 おっ、と思ったのがヨコワとカツオ。この悪天候のなか数隻出たんですよ、とっても貴重な品物が届いてました。

おさらいになりますが、ヨコワというのはクロマグロの若魚を指します。60cmくらい中心で2.5~3キロサイズでしょう。ショップ海幸仙崎の開店2日目に行う解体即売会で準備するのが45キロのクロマグロです。140cm前後だよって連絡がありました。

長門でクロマグロ?地元でも知らない方がいらっしゃるでしょうから、ちょこっと紹介。今回用意するクロマグロは養殖物です。意外と思われるかもしれませんが、おさかな祭りやふるさと祭に引っ張りだこのクロマグロは、油谷湾で大洋エーアンドエフ(株)社が養殖を行っているものです。

天然のクロマグロは仙崎市場に立ちますが、養殖物はルートが別なので、ふだん食べる機会がありません。こうしたイベントや地元スーパーの目玉商品に時折提供してくださいますから、是非お買い求めくださいませ。

さて、イベント内容をお知らせしますね。

  • 期日 : 12月22日(日) 10:00~
  • 場所 : ショップ海幸仙崎店内で解体スタート

店内スペースが狭いため、誠に申し訳ないのですがギャラリーの皆さまは冷蔵陳列ケースを挟んだ店頭のショップ青海島軒下通路からご覧になれます。クロマグロの解体は地元長門の職人さんです。おそらく解体時間は60分に及ぶでしょう。職人さんが柵取りしたものを奥の調理場でパック詰めにして陳列ケースに並べてゆきます。解体スタートから30分くらいで柵販売ができるのではないかな。

お値段は予価ですがひと柵180~200gで、

赤身 1,500円
中トロ 2,000円
大トロ 2,500円

グラム量り売りは行いません。ただし中落ちは200g、500円を予定しています。

養殖クロマグロを手配して下さる業者の方に伺うと、天然物より脂乗りがよいから赤身が少なく中トロが多く取れるよって話し。歩留り半分で見積もって、柵売りは110個ほどになるでしょう。

日曜にマグロ、23日は定置網の鮮魚、イブはチキンで、クリスマスはケーキと献立に書いておきましょ~(笑)

ショップ海幸仙崎のオープン日は12月21日です
ショップが入る青海島観光基地は
↓↓↓

カテゴリー: イベント・新着情報, 仙崎の魚が買えるお店   パーマリンク

コメントは受け付けていません。