6月9日 漁協仙崎女性部さんの朝市開催


こんにちは、連日ケンサキイカの話題をお伝えしておりますが、今日はテレビ放映(6月1日オンエア、「朝だ!生です旅サラダ/山口朝日放送・テレビ朝日系列他」)で、『ケンサキイカの鶏ひき肉詰め』をラッシャー板前さんに提供された、仙崎女性部さんをご紹介しましょう。この時の模様は、ななびぶろぐに紹介されていますので、こちらをご覧ください

 

本日お会いしたのは生放送で大活躍された、谷村さん、松本さん、河部さんの仙崎女性部三人娘。女性部さんといいますのは、仙崎の漁師さんをご主人に持つ闊達な方々でございまして、そのパワーに毎回圧倒されておりますです。まずは1週間前のテレビ映りの評判に盛り上がりつつ、なかなか取材がすすまないところを中断させてしまい申し訳なかったのですが(^^;、週末に迫った女性部さんの朝市について聞き取り調査。開催詳細はチラシをご覧ください。

朝市チラシ

朝市地図開催時間は朝8時から売り切り終了まで。おおむね1時間で無くなってしまいますのでご注意くださいね。追加情報ですけど、仙崎女性部さんがこの場所で朝市を行うのは、毎月第2、第4日曜日の朝8時からです。
場所をgoogleマップでご案内しておきます。

最初に紹介する品は、

ケンサキイカの鶏ひき肉詰め 1個 350円(予価)


「朝だ!生です旅サラダ」の生中継の最後に紹介されました。ラッシャーさんがあつあつをかぶりつき、「熱いですよ、熱いですよ」と傍の谷村さんが心配顔。作り方については、当方のブログで紹介しておりますのでこちらからどうぞ 。女性部さんのこだわりは、手作りと長門の素材を使うってことですが、こちらの逸品も材料は長門産でございます。ケンサキイカは仙崎漁港に水揚げされたプリプリの極上品。そこに詰める鶏肉は深川養鶏さんが安心とおいしさを追求しつくしたブランド肉の長州どり。まさしく、『チームながと』の結晶です。是非、皆さまにご賞味いただきたいと、今回の朝市では出品リストに加えられました。

次に仙崎女性部さんといえば、そうそう誰もが知っているコレ

鯛寿し 350円

鯛寿し帯

まだ作っていないため、帯の画像ですいません。朝市の日の朝5時から作り始める出来立ての鯛寿しは、現地でその姿をご確認ください。当日の販売予定数は50個ほどですが、ご指名買いのある定番商品ですから、売り切れの際はどうかご容赦くださいませ。

この他にもございまして、一気に紹介しますよ。

イサキの干物 300~350円

イサキの干物
イサキの干物の皮目

旬真っ只中のイサキが贅沢にも開きで味わえます。大きさは140gから350gといろいろ。イサキと言えば刺身にして皮は湯引きが定番ですね。仙崎では天ぷらにしたり、味噌で漬けたりと、umisachiくんも食べたことの無い料理法があるのです。下の写真は今回出品されませんけど、真鯛の味噌漬けでございます。素材がよいから切り口の美しいこと、すばらしいでしょ。

鯛の味噌漬け

話を戻しまして、軽く塩をふって一夜干しにしたものが、今回のイサキの干物。写真をよーくご覧ください、開いたのど元がオレンジ色に染まってるでしょ。これは、加工者が手を加えたものではなく、イサキが「旬」のサインなんだよと教えてくださいました。umisachiくんが、「これって何が色づいてんでしょ?」と尋ねたら、イサキが成熟して求愛行動の時に示す『フェロモン』じゃと、まあなんとも思いがけない回答に大爆笑。

 

わかめの茎の酢の物わかめの茎の酢のもの 300円

 

きざみ生姜と干し大根で味付けしたわかめの茎、250gの袋詰めです。umisachiくんはご飯にかけてばくばく食べてしまいます。

 

 

 

 

味付けもずく 250円

味付けもずく
酢醤油、ほかで味付けしたもずくに生姜が少々加わって、200gのパック売り。これは食べてみないと分からないと思うのですが、仙崎産のもずくって歯ごたえがすごいんです。

アゴの甘酢漬け 300円

あごの甘酢漬け 「アゴ」って分かりますか。トビウオだとご存知であれば、相当なおさかな通。仙崎漁港はこの数日、トビウオがたくさん水揚げされています。マルアゴ、カクアゴの2種類が獲れますけど、この生寿司(きずし)はカクアゴを使用しています。突然ですが、アゴが海面上を滑空する姿をキッチンで再現!

 

すごい羽根、いやいやヒレでしょ~。おっきいし、透きとおって綺麗で骨の強い傘みたい。

トビウオ今回の生寿司(きずし)は『しめさば』のトビウオ版、と言うことは「しめあご」ですねとネーミングアイデアを放り投げたところ、おめめがくりっとしてかわいいお魚なのにそれは怖いというピッチャー返しを食らいました。ということで、品名は「アゴの甘酢漬け」ですよ~。カクアゴ

 

 

 

マアジの甘酢漬け 300円

アジの甘酢漬け こんなのもできましたと、甘酢漬けのマアジ編。過日、6月3日は『あじの日』でございますと当ブログで案内しましたね。その後の脂質調査の速報値は10%を超えており、もうすぐ「旬宣言」が発令されるでしょう。アゴと同じくきゅうりと生姜の千切りを添えて販売しております。

こんなもんじゃない、まだまだ続くよ。

 

ちりめんじゃこ 180g 300円ちりめんじゃこ

ズームすれば、ひとつひとつ生きの良いしらすの姿がわかりますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

干しひじき 80g 350円

干しひじき 手摘みひじきの雑味を丁寧に取り除いて、ゆるりと干したものです。

そして、最後にとっておきの情報、写真はございません。

アゴのつみれ汁

が先客20名様ほどに無料提供!
「いただきました~星みっつです」。つみれ汁といえば「旅サラダ」ロケ中、仙崎女性部さんが用意してくださったまかない飯に、イサキのつみれ汁がございまして、ラッシャーさん、yabスタッフはもちろん、なんとその場にいた仙崎漁港関係者も大絶賛。umisachiくんは3杯いただいてしまったほど。女性部さん殿下の宝刀、「つみれ」汁がアゴでリニューアル。これは行かなきゃ。

お問合せ先は、
e-mail : senzakifujinbu@gmail.com

 

カテゴリー: イベント・新着情報, 仙崎の魚が買えるお店   パーマリンク

コメントは受け付けていません。